内視鏡内科 | 整形外科 消化器内科 きたいクリニック | JR片町線四条畷駅 胃・大腸カメラ検査

072-879-2540

整形外科・消化器内科・内視鏡内科・リハビリテーション科・リウマチ科・肝臓内科

内視鏡内科

内視鏡内科について

当院では検査時に麻酔を使用し、苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラ検査を行っております。

胃カメラ

胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査では、食道・胃・十二指腸を観察し、潰瘍やポリープ・がんや炎症などの異常がないかを調べます。

麻酔を使った苦しくない胃カメラ

胃カメラの場合、苦痛の原因となるのは、舌の根元やのどをカメラが通ることによる嘔吐反射やのどの違和感、胃の圧迫感・膨満感などです。当院ではこの苦痛を軽減するために、少量の麻酔(鎮静剤)を使用して、眠っている間に検査を受けていただくことが可能です。麻酔を希望されない方には、嘔吐反射の起きにくい、鼻から挿入する専用の細い胃カメラ(経鼻カメラ)もご用意しております。

感染予防に努めています

オリンパス社製の最新の内視鏡洗浄機(OER-4)を導入し、ガイドラインで推奨されております高水準消毒を行っております。また、マウスピースや生検鉗子などディスポ(使い捨て)製品を使用し、安心して検査を受けていただけるように努めています。

OLYMPUS OER-4
OLYMPUS OER-4

定期的に受けたい胃カメラ検査

胃カメラを定期的に受けておくことで、食道がん・胃がんの早期発見の確率が飛躍的に高まり、内視鏡治療が可能となります。特に慢性萎縮性胃炎やピロリ菌感染のある方(除菌後の方も)は、定期的な胃カメラをお勧めしております。

  • 苦痛を軽減するために、麻酔(鎮静剤)の注射をして検査を受けていただけます。
    ※鎮静剤をご希望の場合は自転車・バイク・車での来院はご遠慮ください。また検査後の運転もお控えください。
  • 当日の検査にも対応しております。空腹の状態でお越しください。
  • ご希望に応じて口から(経口内視鏡)、鼻から(経鼻内視鏡)のどちらの検査も可能です。検査時にご要望ください。
    ※検査に際しては、患者様の状態や内服薬、持病などにより注意事項がございます。お気軽にお問い合わせください。

こんな症状の方に

  • のどや胸のつかえ感、胸焼け
  • 胃の痛み、胃もたれ
  • 食欲不振、体重減少
  • 胃のバリウム検査での異常
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかかった事がある方

胃カメラ検査で診断可能な疾患

  • 逆流性食道炎、食道がん
  • 胃潰瘍、胃がん、胃炎(ピロリ菌感染の有無)
  • 十二指腸潰瘍、十二指腸炎

大腸カメラ

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変がないかを調べる検査です。便潜血では陽性とならない小さなポリープの発見も可能で、小さいポリープであればその場で切除が可能です。また、バリウムなどの造影(注腸)検査では診断が難しい大腸の色調変化や粘膜面の変化も捉える事ができます。40歳以上の方には、一度は大腸カメラ検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

日帰り大腸ポリープ切除

当院では小さなポリープ(1cm未満)であれば、その場でポリープ切除を行っております。
※ポリープの形状や持病・内服薬・年齢などの状況によります。

苦痛の少ない大腸カメラ

検査に際しては、ご希望に応じて少量の麻酔を使用して検査を受けていただけます。また当院では、観察の際に二酸化炭素(炭酸ガス)を使用して検査を行っております。炭酸ガスは空気と比べ、生体吸収に優れているため、検査中〜検査後のお腹(腸)の張りが少なく、苦痛の軽減につながります。

  • 予約検査となります。
  • 診察・検査予約時に下剤の内服方法についてご説明いたします。
    ※当院の下剤内服の場合、基本的に検査食は不要です。
  • 当院ではご自宅にて下剤を内服していただきます。
    (院内での内服をご希望の方は予約時にお申し出下さい)
    来院後に便の状態を確認し、問題なければ検査を施行します。
  • ご希望であれば当院で下剤を内服していただくことも可能です。
  • 小さなポリープ(1cm未満※)であれば、当日ポリープ切除を行なっております。
    (※ポリープの形状や持病・内服薬・年齢などの条件によります)

こんな症状の方に

  • 貧血や便潜血検査で陽性を指摘された
  • 血便、便通異常(便秘や下痢)、体重減少
  • 大腸ポリープや大腸がんで治療歴がある方

大腸カメラで診断可能な疾患

  • 大腸ポリープ
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎(高齢者の血便・腹痛の原因になります)

TOPへ