ヘリコバクター・ピロリ菌 | 整形外科 消化器内科 きたいクリニック | JR片町線四条畷駅 胃・大腸カメラ検査

072-879-2540

整形外科・消化器内科・内視鏡内科・リハビリテーション科・リウマチ科・肝臓内科

ヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌とは

ピロリ菌とは正式にはヘリコバクター・ピロリ菌という名称の最近で、胃の中に生息しています。1983年にオーストラリアのロビン・ウォーレンとバリー・マーシャルがピロリ菌の培養に成功し、彼らは2005年にノーべル医学生理学賞を受賞しています。
胃の中は胃酸により、強酸性下に保たれています。では、ピロリ菌が胃の中で生息できるのはなぜでしょうか。これは、ピロリ菌がウレアーゼという酵素を産生し、胃内にある尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解し、周囲の酸をアンモニアで中和しているからです。
※尿素・ウレアーゼという用語は後述する検査方法で出てきます。

ピロリ菌が原因となる病気

ガイドラインには下記の疾患との関連が示されています。

  1. 1) 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  2. 2) 胃MALTリンパ腫
  3. 3) 特発性血小板減少性紫斑病
  4. 4) 胃癌
  5. 5) 萎縮性胃炎
  6. 6) 胃過形成性ポリープ
  7. 7) 機能性ディスペプシア(上腹部不定愁訴)
  8. 8) その他の疾患
    鉄欠乏性貧血 慢性蕁麻疹

現在、<ピロリ菌検査・除菌治療が保険適応となる疾患>は下記に限られます。

  1. ① 内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者
  2. ② 内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた患者
  3. ③ 早期胃癌に対する内視鏡的治療後の患者
  4. ④ 胃MALTリンパ腫の患者
  5. ⑤ 特発性血小板減少性紫斑病の患者

除菌治療

まずは、上記の除菌治療の対象となる病気があるかを確かめる必要があります。 胃炎の場合は胃カメラ、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合は胃カメラまたは造影(バリウム)検査での診断が必要です。その後に、ピロリ菌の検査を行い、陽性であれば除菌治療適応となります。

ピロリ菌の検査方法

内視鏡検査を使う方法と、使わない方法があります。

内視鏡検査を使う方法
  • 迅速ウレアーゼ検査:採取した組織(胃粘膜)を検査液に入れて、色調の変化により判定します。
  • 培養法:採取した組織を培養し、ピロリ菌が増殖するかどうかを調べます。
  • 検鏡法:採取した組織を染色して、顕微鏡でピロリ菌を探します。

胃カメラについて

内視鏡検査を使わない方法
  • 便中抗原測定:便を採取して、ピロリ菌の抗原の有無を調べます。
  • 抗体測定:血液や尿を採取して、ピロリ菌の抗体の有無を調べます。人間ドックなどでよく行われます。
  • 尿素呼気試験:最初に呼気を採取し、その後に検査薬を内服、15分ほど経過したのちに再度呼気を採取します。簡単に行える精度の高い検査で、主に除菌効果判定で行われます。

よくある質問

Q人間ドックの採血でピロリ菌が陽性と言われました。
A上記<ピロリ菌検査・除菌治療が保険適応となる疾患>に記載されている通り、内視鏡検査で胃炎と診断されているなどの条件を満たす必要があります。ピロリ菌陽性という結果だけで、除菌治療を行う場合は自費扱いになります。
Q造影(バリウム)検査で慢性胃炎、採血でピロリ菌が陽性と言われました。
A胃潰瘍・十二指腸潰瘍については同様に内視鏡検査での胃炎の診断が必要です。
Q他院で胃カメラを受けて、萎縮性胃炎・ピロリ菌陽性と言われました。
A日本消化器病学会の見解では、6ヶ月以内の内視鏡検査にて胃炎と確定診断がされている場合は内視鏡検査を省略して、ピロリ菌の検査を行うことができるとしています。